FC2ブログ

Jun/03

・・・徒然なるままに。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Opera9.5のブックマークをSimpleMenuに置き換える.

WILLCOM03のOperaのブックマークの処理が重いのでSimpleMenuに置き換えてみた。

SimpleMenuはメニューの構成をメニュー定義ファイルに細かく指定ができます。
メニュー定義ファイルに以下の記述をすれば、指定のURLがOperaで開くようになります。
 
 [Yahoo! Japan] ←タイトル
 \Windows\OperaL.exe|http://www.yahoo.co.jp ←開きたいURL

これをいっぱい記述すれば簡易ブックマーク機能になりそう?
さらにこのSimpleMenuをハードボタンにでも割り付ければ快適高速ブックマークになるかも?

しかーし、SimpleMenuの設定ファイルを記述するのは面倒です。
そこで、MortScriptを使って、OperaのブックマークからSimpleMenuのメニュー定義ファイルを
生成するスクリプトを作ってみました。


作っている中で困ったことがありました。
Operaのブックマークのファイルであるopera6.adrファイルは、文字コードがUTF-8なのです。
一方、SimpleMenuのメニュー定義ファイルはSHIFT-JISです。
単純にスクリプト内で読み書きすると日本語が文字化けしてしまうのです。

素人には難しすぎる・・・

ってことで、予めopera6.adrは自分でSHIFT-JISに変えて下さいm(_ _)m
一旦PCにコピーして、TeraPadあたりで「文字/改行コード指定保存」をすると簡単かも?

さらに、MortScriptはインストールすればPC側でも実行できるので、
PC側でSimpleMenuのメニュー定義ファイルに変換する方と一石二鳥な雰囲気。

自分用に作ったものですが、もし試してみようかという奇特な方がおりましたら、
ご自由に修正したりしつつご利用下さい。

【大雑把な手順】
 ①当該スクリプトの圧縮ファイルを適用なフォルダに解凍する。
 ②WILLCOM03から\AplicationData\Opera\Opera6.adrを母艦PCにコピー
 ③コピーしたOpera6.adrをTeraPadで開いて、「文字/改行コード指定保存」を選択
  文字コード:SHIFT-JIS、改行コード:CR+LF
 ③文字コード変換したOpera6.adrを①で解凍したフォルダに放り込む
 ④bmtosm.mscrを実行するとどうファイル内にSimpleMenuOP.cfgが生成される。
 ⑤生成されたSimpleMenuOP.cfgをWILLCOM03のSimpleMenuインストールディレクトリに放り込む。
 ⑥SimpleMenuでSimpleMenuOP.cfgを呼び出すように設定する。
 ⑦SimpleMenuをハードボタン等、起動し易いところに割り当てる。

 ※母艦PCにMortScript、TeraPadがインストールされていることが前提です。

ダウンロードはココ
スポンサーサイト

テーマ:WILLCOM 03 - ジャンル:携帯電話・PHS

  1. 2008/07/03(木) 23:45:13|
  2. ケータイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<W-ZERO3メールの送受信をショートカット | ホーム | シャッター音の無音化>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ws020.blog39.fc2.com/tb.php/13-61376e5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

訪問者数

UNIQLOCK

アルカナ

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。